米国債(6日):2年債は上昇、失業率10%台で低金利維持の観測

米国債市場では2年債が上昇。利 回りは5月以来の最低に低下した。10月の失業率が26年ぶりの高水 準となる10.2%に上昇したため、米連邦公開市場委員会(FOMC) が長期にわたり政策金利を引き上げないとの見方が強まり、買いが優 勢になった。

2年債は週間ベースで2週連続で上昇。雇用統計では非農業部門 雇用者数が前月比で19万人減少。雇用者数の純減幅はブルームバー グ・ニュース集計のエコノミスト予想中央値(17万5000人減)を上 回った。2年債と10年債の利回り差は2.70ポイントと、7月27日 以降で最大に拡大した。来週に総額810億ドルの中長期国債入札を控 えていることが背景。

ウェルズ・ファーゴ・キャピタル・マネジメント(ミルウォーキ ー)で約30億ドルの債券運用に携わるジェイ・ミューラー氏は「雇用 統計が安定し、さらには改善しない限り、米金融当局は何も政策を変 えないだろう。回復のペースは鈍くなるだろう」と述べた。

BGキャンター・マーケット・データによると、ニューヨーク時 間午後2時25分現在、2年債利回りは3ベーシスポイント(bp、 1bp=0.01%)低下し、0.85%。一時は5月21日以来で最低とな る0.8321%まで低下した。2年債価格(表面利率1%、償還2011年 10月)は2/32高の100 9/32。利回りは週間では4bp低下した。 10年債利回りは3.52%。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE