ベルリン壁記念で9日にEUサミット開催、初代大統領選出の観測も

9日にベルリンで開催される欧州 連合(EU)の特別首脳会合(サミット)で、初代EU大統領が選出 されるとの観測が広がっている。現地では「ベルリンの壁」崩壊20周 年を記念した式典が行われる。

輪番制のEU議長国を務めるスウェーデンのラインフェルト首相 は、EUの新大統領および外相に相当する外務・安全保障上級代表の 人選をまとめる努力を続けている。ドイツ政府の報道官によれば、メ ルケル首相が主催する夕食会には、27加盟国すべての首脳が出席する。

ブリュッセルの欧州政策センター(EPC)のアナリスト、シャ ダ・イスラム氏は電話インタビューで、「大統領と外相の人選の行き 詰まりを打破する会合となるかもしれない。EUは何事もペースがの ろいとの汚名を返上するために、首脳らには迅速な行動が求められ る」と語った。

新基本条約「リスボン条約」発効が確実となり、次の焦点は人選 へと移った。初代大統領に英国のブレア前首相が就任する憶測が薄れ るのに伴い、妥協案としてベルギーのファンロンパイ首相が候補に浮 上している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE