国債発行額、金融危機前の水準への減少は10年先も-ムーディーズ

格付け会社ムーディーズ・インベ スターズ・サービスは6日、各国政府による国債発行について、昨年の リーマン・ブラザーズ・ホールディング破たんを受けた世界的な市場凍 結以前の水準に発行額を減らすまでには、最長10年かかるとの見方を 示した。

ムーディーズのソブリン格付け担当マネジングディレクター、ピエ ール・カイユトー氏はブリュッセルでインタビューに応じ、「世界的に 見て、発行額がリーマン破たん前の水準に減少するまでには5年から10 年かかるだろう」とし、「先進国ではデフォルト(債務不履行)は起き ないが、ポルトガルやギリシャなど、経済活力に欠けていたり財政基盤 が弱い国については懸念を抱いている。つまり心臓発作はないが、ゆっ くりとした悪化は起こり得るということだ」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE