英国債:相場低迷続く公算も、資金購入プログラムが重し-ノムラ

野村ホールディングス(HD)の 英国子会社ノムラ・インターナショナルによれば、英国債はパフォー マンス向上に苦しみそうだ。イングランド銀行(英中央銀行)は5日、 資産買い取りプログラムを通じた量的緩和策を250億ポンド(約3兆 7600億円)拡大した。

ロンドン在勤のショーン・マローニー氏らストラテジストは6日 のリポートで、量的緩和策の「避けることができない打ち切りを今回 は先延ばししたにすぎず、その時期が最終的に迫り、圧力が疑いもな く再び高まることを懸念している」との見方を示した。

ただリポートは、英公債管理局(DMO)が実施したのが今会計 年度分の約70%だということに触れた上で、「量的緩和が引き続き英 国債相場に影を落としている。だが、米国とユーロ圏を下回るパフォ ーマンスの度合いはピークに近づきつつあるのかもしれない」とも指 摘した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ロンドン 藤森英明 Hideharu Fujimori +44-20-7673-2178 hfujimori@bloomberg.net Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: Daniel Tilles in London at +44-20-7673-2649 or dtilles@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Justin Carrigan at +44-20-7673-2502 or jcarrigan@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE