米キャタピラー:インドに2億ドル投資へ-現地生産向け、向こう5年

建設機械メーカー最大手の米キャ タピラーは、インドに今後5年間で2億ドル(約180億円)投資する 計画を明らかにした。経済成長に伴う建設機械の需要増に対応する。

同社のアジア地域グループプレジデント、リチャード・ラビン氏 は経済番組ブルームバーグUTVとのインタビューで、同社がインド のメーカーとの合弁設立に前向きであることを明らかにした。キャタ ピラーは、1日当たり20キロメートルの道路建設を計画する同国で の売り上げ拡大を目指す。

ラビン氏は「インドで競争力を持つには現地生産が必要であり、 エンジンや機械生産向け投資を大幅に増やす計画に現在取り組んでい る」と説明。「今後数年間、建設・採掘機械の売り上げの大半はアジア で、インドが大きな役割を担うだろう」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE