中国は与信の伸び抑制に着手を、金融業界弱体化も-IMF駐在代表

国際通貨基金(IMF)の中国駐 在代表、トゥルハン・フェイジオール氏は6日、中国に対し、過剰な 工業生産能力をもたらし、金融業界を弱体化しかねない与信の伸び抑 制に着手するよう求めた。北京で語った。

同氏は、民間投資が上向いていることを理由に、今年の中国の経 済成長率が8.5%、2010年は9%になると予想。ただ世界全体につ いては、出口戦略を明らかにする必要はあるものの、刺激策を終了す るのは時期尚早だと指摘した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki@bloomberg.net    Editor:Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: Dingmin Zhang in Beijing at +86-10-6649-7576 or dzhang14@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Paul Panckhurst at +86-10-6649-7574 or ppanckhurst@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE