【経済コラム】ドルや債券相場が合理性を失った世界-M・ギルバート

「相場は知識の宝庫だ」と言っ ていつもわたしを怒鳴る上司がいた。市場の効率性を信じるか否かに かかわらず、以前は、債券や為替、商品の相場が経済成長やインフレ、 金融政策の先行きを何かしら伝えようとしていると確信できたものだ。 相場に耳を澄ませて、それを言葉に直せば良かった。

今や状況が変わった。量的緩和策と景気刺激策、ゼロ金利政策が 相まって、市場は歪み、原形をとどめないほどに変わってしまった。

端的に言えば、10年物米国債の利回りとドル、ユーロの適正水 準や、銅ないし金を買うべきなのか売るべきなのかなどについて、合 理的な議論がほとんど不可能になっているのだ。最近、政府が熱心に 介入を図った結果、以下のような市場の狂いが生じた。

1) 束縛からの解放、現実からの遊離:

10年物米国債の利回りは約3.5%と、5年間の平均4.14%と、 20年間の平均5.57%を大きく下回っている。しかし現在の利回り水 準は、信用収縮のさなかの債務担保証券(CDO)相場と同じくらい 信頼性を欠いている。

買い取りを通じた米当局の債券市場維持に向けた努力に加え、商 業銀行が高信用の米国債によってバランスシート上の穴を埋めようと していることが要因となり、米国債利回りは現実からかけ離れた水準 になっている。

12.1兆ドル

債券相場から判断すれば、米財務省が今年10-12月(第4四半 期)の所要借入額として2760億ドルを、来年1-3月期(第1四半 期)には4780億ドルを見込み、来月中に12兆1000億ドルの債務法 定上限を超えると予想しているなどとは思いもよらないだろう。

世界中で現在進められている巨額のケインズ的実験が裏目に出て、 インフレを引き起こすのではないかとの懸念があったとしても、まだ 米国債市場には広まっていないようだ。しかし、ひょっとしたら金市 場には伝わったかもしれない。金相場は年初来で25%上昇した後、 今週には1オンス=1095ドルと過去最高値を更新した。金の最高値 が10年債相場にまったく反映されないほど、市場はおかしくなって いる。

2) 欧州の信用市場:

ドイツ銀行がまとめたデータによれば、欧州の社債を保有する 投資家のトータルリターン(総投資収益率)は今年15%強となって いる。金融機関が今年発行した劣後債は26%を超えた。欧州の高利 回り市場では、ジャンク債のリターンは何と67%に達した。

殺到する過剰資金

しかし、この上昇を真に受ける人は少ないだろう。他に良い投資 先がないため、過剰資金が見境もなく信用市場に再び殺到しているこ とがその原因だからだ。格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・ サービスによれば、欧州の高利回り企業のデフォルト(債務不履行) 率は7-9月期末に9.3%と、3カ月前の6.4%から上昇した。

ムーディーズは、ジャンク(投機)債の破たんの割合は10-12 月期に10.9%とピークに達し、その後、今から1年後には6%に下 がると予想している。しかし信用収縮がもたらした壊滅的な景気悪化 を考えれば、これは余りに楽観的なように思われる。

社債が株式のようなリターンを約束するほど市場は狂っている。 株式のようなリターンをうたうということは、株式投資のように元本 を失うリスクに投資家は備える必要がある。

3) 円とドル:

日本経済はここ何年もの間、変調をきたしている。4-6月期 の実質GDP(国内総生産)伸び率は前期比年率2.3%と、当初予想 の3.7%を下回った。一方、米経済は7-9月期にプラス3.5%成長 とリセッション(景気後退)を脱却し、その柔軟性と耐久力が称賛さ れた。

しかし、投資家の間では現在、両国の通貨は連動していると見ら れている。リスク回避傾向が強まれば、投資家が安全資産へと逃避す ることから円とドルは上昇する。リスク選好が高まれば、円とドルは ともに売られる。その上、現在ドルは安価で便利なことからキャリー トレードで好んで借りられている。円が安全な投資先と受け取られ、 ドルが世界的なバブルの触媒に選ばれていることを見ても、市場が狂 っていることは明らかだ。(マーク・ギルバート)

(マーク・ギルバート氏は、ブルームバーグ・ニュースのコラ ムニストです。このコラムの内容は彼自身の見解です)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE