ベルリンの壁崩壊20周年式典、各国要人に加えボン・ジョヴィも参加

1989年の「ベルリンの壁」崩壊 20周年を記念する式典が9日にベルリンで開催される。ゴルバチョフ 元ソ連大統領やワレサ元ポーランド大統領、クリントン米国務長官な ど各国要人が出席するほか、米人気ロックバンドのボン・ジョヴィや、 壁崩壊当日の夜にベルリンでモーツァルトのオペラを収録していたと いうダニエル・バレンボイム氏指揮の演奏も予定されている。

500万ユーロ(約6億7400万円)を投じた記念式典は9日午後 7時(日本時間10日午前3時)に開幕する。バレンボイム氏はブラ ンデンブルク門前でベルリン国立歌劇場管弦楽団の演奏を指揮する予 定で、演目はワーグナーの「ローエングリン」、シェーンベルクの「ワ ルシャワの生き残り」、ベートーベンの交響曲第7番第4楽章など。

同楽団の音楽監督を務めるバレンボイム氏は国立歌劇場でインタ ビューに応じ、壁の崩壊は「欧州を大きく好転させ、数百万人の暮ら しを良くした」と語った。壁崩壊当日にベルリン・フィルハーモニー 管弦楽団と収録していた同氏は楽団員らと東ベルリン市民のためにコ ンサートを開きたいと考え、11月12日に無料コンサートを開催した という。

東西ドイツ再統一をもたらした壁崩壊20周年記念にあたり、9 日夜にはベルリンの壁の跡に沿って1.5キロにわたり設置された約 1000枚の巨大ドミノが倒される予定。高さ2.5メートルの巨大ドミ ノには、ネルソン・マンデラ元南アフリカ共和国大統領ら政治指導者 の後援と芸術家の支援を受けた児童や学生による絵が描かれている。

「自由祭」と題した同式典では、ボン・ジョヴィが新曲を演奏す るほか、旧東ドイツ出身の音楽プロデューサー兼DJのポール・ヴァ ン・ダイク氏が作曲した賛歌「We Are One」の演奏がコンサートの 終わりに予定されている。最後のドミノが倒れると花火の打ち上げが 始まるという。

メルケル独首相のほか、第2次大戦後にドイツを分割占領した4 カ国の代表としてクリントン米国務長官やブラウン英首相、サルコジ 仏大統領、メドベージェフ露大統領が演説する予定で、ゴルバチョフ 氏らもスピーチする。

自由祭の関連情報サイト:http://www.mauerfall09.de/.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE