キリン傘下豪ライオンネイサンCEO:収益拡大持続させる

キリンホールディングスが買収し たオーストラリアのビール醸造会社、ライオンネイサンは、宣伝活動 の拡大によって「トゥーヒーズ」や「ハーン」といったビールの需要 が押し上げられるとして、収益拡大の持続を見込んでいる。

ロブ・マーレー最高経営責任者(CEO)は5日、電話インタビ ューに応じ、「ここ10年間は、おおむね2けたの増益率を達成してい る」とし、「われわれはこれまでの伸び率の水準維持を間違いなく目指 している」と強調した。

キリンは、既存の豪ジュース・ミルク部門をライオンネイサンに 統合する作業を進めている。ライオンネイサンが5日発表した2009 年9月通期(08年10月-09年9月)の利益は前年比13%増と、05 年以来の高い伸びを示した。ビール工場の設備更新やブランドの宣伝 費拡大を盛り込んだ3カ年プログラム完了が奏功した。

マーレーCEOは「こうした投資は長期的なもので、その効果は 1年以上続くと予想される」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE