米フォートフッド基地で銃乱射:容疑者は生存、病院へ搬送(Update2

米テキサス州フォートフッド基 地で銃を乱射し12人を殺害、31人を負傷させた事件の容疑者が、 身柄を拘束されたまま病院へ搬送された。米陸軍が5日、明らかに した。

同基地の第3軍団司令官、ロバート・コーン中将は会見で、事 件はこの陸軍精神科医で少佐のニダル・マリク・ハサン容疑者が単 独で起こしたこと、また同容疑者が生存していることを明らかにし、 死亡したとの先の報道内容を否定した。

国防総省は、事件は現地時間5日午後1時30分(日本時間6 日午前4時30分)ごろ、同基地で学位を取得した一部兵士の卒業 式のため友人や親族が集まっていた会場で発生したと発表した。

オバマ大統領は事件について、国家を守るために命をささげて いる兵士を標的にした「恐ろしい暴力事件」だと述べた。現在、米 陸軍犯罪捜査司令部と米連邦捜査局(FBI)が捜査を行っている。

テキサス州選出のケイ・ベイリー・ハチソン上院議員(共和) は、容疑者が「ここ数日間、非常に動揺し憤慨していた」ことを、 同基地当局者から聞いたと述べた。同容疑者がイラクかアフガニス タンに派兵されることになっていたためかどうかは明らかでない としている。

フォートフッド基地は、テキサス州の州都オースティンの北約 60マイル(約97キロ)に位置し、4万5000人ほどの兵士を収容 する。米陸軍基地の中では、人数と敷地面積で3位の規模を持つ。

原題:Fort Hood Suspect Alive in Hospital, U.S. Army

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE