PIMCO:高級住宅価格、まだ底入れせず-富裕層向け支援限定的で

債券ファンド最大手、米パシ フィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)は、高級 住宅の価格はまだ底入れしていないとの見方を示した。富裕層に対す る政府支援が限られているためだという。

PIMCOの住宅ローン担保証券(MBS)担当責任者、スコッ ト・サイモン氏はブルームバーグラジオとのインタビューで、「住宅 ローンに関して中級以下の物件の購入者に対する支援は非常に人気が あるが、高級物件の購入者に向けられる共感はあまりない」とし、 「『200万ドル(約1億8000万円)の住宅を買った人を支援すべ きだ』という考え方はない」と述べた。

サイモン氏によると、米政府は住宅の一次取得者向け税額控除や 住宅ローン金利の低水準維持を後押しことで、比較的低価格の住宅市 場を支援しており、市場も底入れした。しかし銀行は、住宅価格の 30%の頭金を支払う顧客にも「法外な料金」を取る方法を模索し、 高級住宅を購入できる買い手への融資を回避しようとしているという。

同氏は「いずれ銀行が『40%の頭金を支払ってもらえば6%の 利回りを得られるので得策だ』と言い出すことが期待されている」と し、「今の段階でそうなっていないが、今後、そうなることが望まれ ている」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE