銀行株:10年末までにさらに2倍に上昇へ-ロッチデールのボーブ氏

米ロッチデール・セキュリティー ズのアナリスト、ディック・ボーブ氏は、過去8カ月間の株式相場上 昇をけん引した銀行株が、利益回復期待を背景に来年末までにさらに 2倍に上昇すると予想する。

米リーマン・ブラザーズ・ホールディングスが破たんする4カ月 前に同社株の投資判断を「売り」としたボーブ氏は、米銀の利益が 2010年後半から回復し始め、3年以内に3倍に膨らむとの予想を示 した。同氏によると、銀行はバランスシート上の現金を、1年前にさ らされていたような破たんリスクにはもはや直面しない水準まで引 き上げているという。

ボーブ氏は電話インタビューで、「銀行株がどのような水準から 下落してきたかを考慮すれば、現在の水準からさらに100%上昇する ことはそれほど大きな動きではない」と説明。10年後半には「銀行 の利益が驚くほど大幅に膨らむ可能性がある。短期的な損失は無視し、 銀行株を今買っている人がいるのはそのためだ。長期的な利益見通し が驚異的に素晴らしいから買っているのだ」と語った。

米主要金融機関24銘柄で構成されるKBW銀行株指数は、07 年2月に付けた過去最高値から85%下落した。サブプライムローン (信用力の低い個人向け住宅融資)市場崩壊による貸倒損失と評価損 が1兆6000億ドル(約145兆円)を超え、信用市場の機能まひと、 第二次世界大戦以降初の世界的なリセッション(景気後退)につなが ったことが背景にある。その後、シティグループやバンク・オブ・ア メリカ(BOA)、JPモルガン・チェースなどが黒字に転換したこ とから、同指数は2倍超上昇している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE