ルービニ教授:米銀行間の合併、「巨大なモンスター」生み出す恐れ

米ニューヨーク大学スターン経 営大学院のヌリエル・ルービニ教授は5日、米銀行間の合併が金融の 安定を脅かす巨大なリスクを生み出す可能性があると指摘した。

ルービニ教授はダブリンでの会議に出席し、「過去に大き過ぎて つぶせないという問題が起きたが、今、この問題はますます拡大して いる。巨大なモンスターが誕生しつつある」と述べた。

同教授は、大恐慌以来最悪のリセッション(景気後退)の中で 数々の企業合併が行われ、米銀行業界では「大規模な統合」が進んだ と述べた。バンク・オブ・アメリカ(BOA)は昨年メリルリンチと カントリーワイド・ファイナンシャルを、ウェルズ・ファーゴはワコ ビアをそれぞれ買収した。

さらにルービニ教授は、「秩序を失わずに破たんを処理できる方 法など到底ない」と述べ、「大き過ぎてつぶせない金融機関があるの であれば、それは大き過ぎるということであり、解体すべきだ」と続 けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE