米失業保険申請:51.2万件に減少、延長給付は増加

米労働省が5日に発表した10月 31日に終わった1週間の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は 51万2000件と、1月以降で最低となった。前週の53万2000件 (速報値53万件)からは2万件減少した。ブルームバーグ・ニュー スがまとめたエコノミスト予想の中央値は52万2000件だった。

4週間移動平均は52万3750件と、前週の52万6750件から 減少した。

24日に終わった1週間の失業保険継続受給者数は574万9000 人と、前週の581万7000人から減少。3月21日終了週以来の低水 準となった。一方、受給期間終了後に延長給付を受けている人は17 日に終わった週に11万5000人増え、401万人となった。

三菱東京UFJ銀行のシニアエコノミスト、エレン・ゼントナー 氏(ニューヨーク在勤)は「新規失業保険申請件数はかなりしっかり した減少トレンドが続いている」とし、「回復は定着した」と述べ た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE