エルピーダ:今期設備投資600億円に増額-先端設備導入で

公的支援を受けて経営再建中のD RAMメーカー、エルピーダメモリは5日の決算発表に合わせ、2010 年3月期(今期)設備投資計画を従来比200億円増額して約600億円 とした。回路線幅40ナノメートル(ナノは10億分の1)対応の設備 導入のためとしている。業績予想は公表していない。

同社は10月8日に、40ナノDRAMの量産開始を発表した際、 40ナノのライン構成比を全体の50%に引き上げるのに最大400億円が 必要としていた。

同時に発表した7-9月期の営業損益は8億円の黒字で、8四半 期ぶりに黒字に転換した。スポット価格の回復が理由。純損失は72 億円と前年同期の319億円から縮小した。売上高は16%減。10月15 日に速報値を発表していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE