米GM:10月の中国販売は倍増、景気拡大や需要喚起策で-ライリー氏

米自動車メーカー、ゼネラル・モ ーターズ(GM)の国際事業担当責任者のニック・ライリー氏は5日、 10月の中国販売台数は景気拡大や政府の需要喚起策を追い風に前年 同期比で倍増したことを明らかにした。ライリー氏は上海でブルーム バーグテレビジョンのインタビューに答え、今年1-10月期の中国販 売が50%増加したと述べた。

◎中国経済について:

「中国経済の基盤は世界的なリセッション(景気後退)にもかか わらず依然として極めて力強い。今年はまだ8%の成長を見せており、 来年以降は10%程度の成長が見込まれる。世界不況の影響を回避する ため、中国政府は自動車市場を特に支援する刺激策を導入した。今年 は極めて堅調だったが、このペースは続かないだろう。それでも来年 も中国市場は伸びると予想している」

◎中国事業について:

「中国事業は急成長している中国市場を大いに重視してきた。当 社は将来のある時点で中国からかなり輸出することになるだろうが、 現時点ではそれは極めて小規模なビジネスだ」

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE