消費者金融株が急伸、新政権の規制緩和期待-シティは業界判断上げ

消費者金融大手、武富士の株価が 前日比7.6%高の441円まで買われたのをはじめ、消費者金融株がそろ って急伸。新政権が貸金業規制緩和を検討しており、業界環境が改善す るとの期待が膨らんでいる。シティグループ証券が業界判断を「弱気」 から「中立」へ引き上げたことも株価を押し上げた。

プロミスの株価は9.8%高の753円、アコムは13%高の1683円ま でそれぞれ上げた。午前9時51分現在、消費者金融を含むその他金融 指数は前日比2.5%高の241ポイントで、東証1部業種別上昇率2位。

亀井静香金融・郵政担当相は4日の会見で、貸出金利や限度額に上 限を設ける貸金業規制について、来年6月に予定している法律の完全施 行は変更しない考えを示した。もっとも、「法律を実施したがためにヤ ミ金などに走ることがないよう、公的なものも含め一般金融機関も努力 していく必要がある」とし、利用者の立場に立った対応を検討する重要 性についても指摘している。

シティグループ証券の津田武寛アナリストは4日付リポートで、亀 井金融相は会見で貸金業見直し会議開催の意向を明確に述べたと強調。 その上で、今回の見直し協議が政務三役から出てきたことや、中小企業 支援策に加えて個人事業者の資金繰りを配慮しているため貸金業者のニ ーズが出てきたことなどを挙げ、業界に対する投資判断を引き上げた。

同証券では個別銘柄についても、武富士とプロミスの判断をそれぞ れ「売り」から「買い」へ引き上げた。新たな目標株価は武富士が740 円、プロミスが970円。アコムは「売り」から「中立」へ変更した。一 方、アイフルは「中立」から「売り」へ引き下げた。

--取材協力:河元伸吾 Editor:Shintaro Inkyo Makiko Asai

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 長谷川 敏郎 Toshiro Hasegawa +81-3-3201-8361 thasegawa6@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net 香港 Darren Boey +852-2977-6646 dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE