日経平均1カ月ぶり安値、輸出や紙パ中心安い-米低金利の効果疑問

東京株式相場は反落し、日経平 均株価は終値で約1カ月ぶりの安値。米連邦公開市場委員会(FOM C)会合で政策当局が超低金利政策の維持を再表明したが、金融緩和 による景気や株価押し上げの効果は限られるとの見方が広がった。ド ル相場の軟調も影響し、電機など輸出関連株が下落。原油高止まりが コスト圧迫要因になるパルプ・紙、空運株も安い。

日経平均株価の終値は前日比126円87銭(1.3%)安の9717 円44銭で、10月6日の9691円以来の低水準。TOPIXは同

6.31ポイント(0.7%)安の874.96。朝方は、TOPIXが一時プ ラス転換するなど底堅さを見せる場面もあったが、午前後半にかけじ り安、午後はきょうの安値圏でもみ合った。

しんきんアセットマネジメント投信の藤本洋主任ファンドマネー ジャーは、「米国をはじめ先進国では超緩和状態の金融政策が長期化 すればするほど、政策をいつ転換させるか、当局の手綱さばきがます ます難しくなる」と指摘。米政府高官の一部が資産バブル懸念を表明 する中、「当局のジレンマが今後深まるとの見方から、先行きの不透 明感を嫌った投資資金の流出につながった」と見ていた。

米連邦準備制度理事会(FRB)が3-4日に開いたFOMC会 合で、フェデラルファンド(FF)金利誘導目標を0-0.25%のレ ンジで据え置き、声明で長期にわたり異例な低金利水準を維持する方 針をあらためて示した。

水戸証券の吉井豊投資情報部長は、米金融政策の現状維持の判断 はベストシナリオと考えていたが、4日の米株相場でむしろ売りにつ ながった点に言及。「足元では好材料を織り込み切っており、イベン ト通過をきっかけに株式相場は売りがかさみやすい状況。重苦しいム ードが漂っている」としていた。また、みずほ証券の倉持靖彦投資戦 略室長によると、世界経済が底入れ、回復に向かう中で「来春あたり からは先進国でも、現状の超金融緩和政策を微調整せざるを得なくな る局面がくる、との意識が投資家の間では根強い」という。

世界的な金融緩和を平時モードに戻す「出口戦略」への根強い懸 念、米景気の足元の厳しさに対する警戒を背景に、ホンダやキヤノン、 ソニー、オリンパスなど輸出関連株が下落。FOMCが低金利政策の 長期継続姿勢を示し、東京外国為替市場ではドルを借り入れ、高金利 通貨に投資する動きが今後も続くとの見方が広がり、ドルが対円で1 ドル=90円台後半から90円台前半まで軟化したことも、輸出株の 採算悪化懸念につながった。

また、4日のニューヨーク商業取引所で原油先物相場が上昇した ことを受け、原燃料コスト負担の増加が意識され、前日午後に上期好 決算を受け高値引けとなったレンゴーが反落するなど、パルプ・紙株 も下落。日本航空など空運株、中部電力など電力・ガス株も下げた。

東証1部の売買高は概算で19億3671万株。売買代金は1兆 2230億円と、10月1日以来の低水準。値下がり銘柄数が1110、値 上がりは437。業種別33指数は26業種が下落。7業種が上昇。

金利敏感業種や三洋電売り、消費者金融高い

このほか、国内債券市場では米長期債下落、この日の10年債入 札結果の低調を受けて新発10年債利回りは午後に1.4%台前半まで 上昇(価格は低下)し、3カ月ぶりの高水準を付けた。不動産株など 有利子負債の多い業種、銘柄が金利負担増の懸念から軟調。

個別では、パナソニックによる株式公開買い付け(TOB)が始 まった三洋電機が、TOB価格にさや寄せする格好で20%安と急落。 2010年3月期の業績予想を下方修正したフジ・メディア・ホールデ ィングスとサンケン電気も安い。減資方針を発表したラオックスはス トップ安(値幅制限の下限)で比例配分。

半面、シティグループ証券が消費者金融セクターの判断を引き上 げた影響で、プロミスや武富士が急伸。消費者金融を傘下に抱える三 菱UFJフィナンシャル・グループ、三井住友フィナンシャルグルー プなど大手銀行株も上昇。利益見通しを上方修正した国際石油開発帝 石など鉱業株は上げが目立った。正午に10年3月期の連結業績予想 を上方修正した日本テレビ放送網も高い。

新興3指数は3日続落

国内新興3市場では、ジャスダック指数が前日比0.39ポイント (0.8%)安の47.94、東証マザーズ指数は3.71ポイント (0.9%)安の430.18、大証ヘラクレス指数は0.04ポイント (0.01%)安の570.08とそろって小幅に3日続落。

個別では、4-9月期決算が連結最終赤字に落ち込んだイナリサ ーチがストップ安。楽天、ミクシィ、日本風力開発が下げた。半面、 中国IT企業の聯想ホールディングスと資本・業務提携で合意したS JIがストップ高(値幅制限の上限)まで買い進まれた。グリー、日 本通信、エン・ジャパンが上昇。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE