UBSに罰金800万ポンド、預かり資産で顧客未許可の取引-英FSA

スイスの銀行大手UBSは、英 金融サービス機構(FSA)から800万ポンド(約12億円)の罰金 を科された。顧客からの預かり資産について、顧客の許可を得ていな い取引をしたことが理由。FSAが明らかにした。

800万ポンドはFSAが科した罰金としては今までで3番目の額。 FSAの発表によると、UBSウェルスマネジメント部門のロンドン の従業員4人は2006年1月-07年12月の間に、顧客資産を使った 未許可の取引を1日最大50件も実行していた。通貨と貴金属の取引だ という。FSAはUBSがこれらを阻止しなかった監督責任を問い、 ボーナスについてのUBSの会社方針が従業員に過度のリスクを取る ことを促したと指摘した。

FSAの法順守担当ディレクター、マーガレット・コール氏は声 明で「これらの従業員はUBSの不適切なシステムと管理を悪用し た」と非難じた。

UBSは5日の発表文で「事件について深く反省し、FSAの調 査に全面的に協力してきた。問題が決着し前進できることを歓迎す る」と表明した。FSAによれば、同行は顧客には4200万ドル(約 38億500万円)以上を弁済した。またFSAによると、UBSは早期 に和解したため罰金額は1000万ポンドのところを20%減額された。

UBSの罰金額は2004年のロイヤル・ダッチ・シェルに対する 1700万ポンド、05年のシティグループ・グローバル・マーケッツに 対する1390万ポンドに次ぐ3番目の大きさ。

FSAは「恐怖感を抱かせる」ため、罰金の額を引き上げる方針 を示していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE