米クライスラーの株主価値、IPOで最大80億ドルにも-シティ

米シティグループは、イタリア 自動車大手のフィアットが出資する米自動車メーカー、クライスラ ー・グループが2年後に新規株式公開(IPO)した場合の株主価値 は最大で80億ドル(約7260億円)との試算を示した。

シティのジョン・ローソン氏(ロンドン在勤)率いるアナリスト らが発表した5日付のリポートによれば、クライスラーの株主価値は 1株当たり1.4ユーロ(約190円)。シティは4日に発表された クライスラーの5カ年事業計画を受けて試算した。

フィアットとクライスラーの最高経営責任者(CEO)を兼務す るセルジオ・マルキオーネ氏は、来年4月からクライスラーの決算を 開示し、2011年以降にIPOを実施する方針を明らかにした。同社 は10年に営業収支を均衡させ、11年に純損益で黒字を回復、14 年までに政府融資を完済するとしている。

シティのアナリストらは「資金の流動性に問題はないようだとい うことが明らかになり、根強く残っていた破たん懸念は解消されるだ ろう」と説明した。フィアット株の投資判断については「ホールド」 としている。

一方、モルガン・スタンレーのアナリスト、アダム・ジョナス氏 は5日付のリポートで「クライスラーのIPOは11年の早い時期ま でに実施される可能性が高まっているようだ」と指摘。「目標の一部 達成でもこの可能性は現実になると確信している」と語った。同氏は フィアット株の投資判断を「オーバーウエート」とし、クライスラー の株主価値を約60億ドルとみている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE