米オールステート7-9月:黒字-投資改善と自然災害減で

米上場自動車・住宅保険会社で最 大手のオールステートが4日発表した2009年7-9月(第3四半期) 決算は、黒字となった。暴風雨に伴う保険金請求が減ったほか、投資 成績が改善した。

発表資料によれば、純利益は2億2100万ドル(1株当たり41セ ント)。前年同期は9億2300万ドル(同1.70ドル)の赤字だった。営 業利益は1株当たり99セントで、ブルームバーグがまとめたアナリス ト14人の予想平均を4セント下回った。

同業のトラベラーズやチャブなどに続いて、オールステートも第 3四半期の業績が改善した。米国へのハリケーンの影響が少なかった ためだ。今年、国内に上陸したのは熱帯暴風雨の「クローデット」の みだった。前年同期はハリケーン「アイク」や「グスタフ」などの被 害で、18億2000万ドルの費用を計上した。

株価は4日の時間外取引で上昇し、ニューヨーク時間午後4時18 分(日本時間5日午前6時18分)現在、終値から68セント(2.3%) 上げて30.30ドル。年初来では9.6%下落している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE