NY原油(4日):上昇、80ドル台-在庫減少とドル安で買い膨らむ

ニューヨーク原油相場は上昇。米 エネルギー省が4日発表した週間統計で、原油在庫が市場予想に反し て減少したことを受けて買い進まれた。

同統計によると、10月30日終了週の原油在庫は前週比394万バ レル減の3億3590万バレル。ブルームバーグ・ニュースが実施した 調査では中央値で150万バレルの増加が見込まれていた。このほか米 株相場の上昇や、ドル下落で代替投資としての商品の魅力が高まった ことも背景に原油は値上がりした。

BNPパリバ・コモディティ・フューチャーズのエネルギー担当 シニアアナリスト、トム・ベンツ氏は「きょうの在庫統計が支援材料 となったのは間違いない」と指摘。「ドル安と株価上昇を受けて原油 はすでに上げていた。在庫統計の数字はこの上昇の勢いを強めたにす ぎない」との見方を示した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物12月限は前日 比80セント(1.01%)高の1バレル=80.40ドルで終了した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE