白川日銀総裁:当面、極めて緩和的な環境を維持していく

日本銀行の白川方明総裁は4日午 後、衆院予算委員会で、先月30日公表した経済・物価情勢の展望(展 望リポート)について「決して楽観的な見通しではない」と述べた上 で、日銀は当面、「極めて緩和的な金融環境を維持していく」と語っ た。みんなの党の渡辺喜美氏の質問に答えた。

白川総裁は世界経済について「バランスシート調整の影響が非常 に大きいとみており、世界経済全体としては回復に向かっているが、 非常に緩やかだ。同じことが日本経済についても言える。日銀は最大 限の努力をやっていく姿勢には全く変わりはない」と語った。

日銀は展望リポートで2011年度まで3年連続で消費者物価指数 (除く生鮮食品)の下落が続くとの見通しを示す一方で、同年度の実 質GDP(国内総生産)成長率はプラス2.1%との予測(政策委員の 中央値)を示した。また、同日公表した声明文から、前月までの「中 央銀行として最大限の貢献を行っていく」との文言も削除された。

白川総裁は「日銀は最大限の努力をやっていく姿勢には全く変わ りはない」と述べた上で、「むしろ、今回はそのことをよりはっきりと した言葉で表現している。日銀は当面、現在の低金利水準を維持する とともに、金融市場における需要を十分満たす潤沢な資金供給を通じ て、極めて緩和的な金融環境を維持していく方針だ」と言明。

さらに「これだけ大きなショックが世界中に加わった中で、日銀 は引き続き万全の努力をしたいと考えている」と語った。

日銀は先月30日開いた金融政策決定会合で、12月末を期限とす る企業金融支援のための時限措置のうち、コマーシャルペーパー(C P)と社債の買い入れは年内で停止し、企業金融支援特別オペは来年 3月末まで延長した上で完了することを決めた。社債買い入れ終了と 特別オペの来年3月末での完了には水野温氏審議委員が反対した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE