香港株(終了):3日ぶり反発-金相場の高値更新で紫金礦業が高い

香港株式相場は3日ぶりに反発。 金が過去最高値を更新し原油相場も上昇したことを背景に、金属・石 油株が買われた。カジノの収入が伸びたとのマカオ紙の報道を受けて カジノ株も上昇。

中国最大の産金会社、紫金礦業(2899 HK)は5.7%高。同国の石 油最大手、ペトロチャイナ(中国石油、857 HK)は3.6%上げた。マ カオのカジノ、銀河娯楽(27 HK)は6.6%上昇。中国最大の自動車メ ーカー、上海汽車集団(SAICモーター)が2010年の国内自動車販 売が前年比10-15%程度増えるとの見通しを示したことを手掛かり に、日産自動車の提携先の東風汽車(489 HK)は12%高と急伸した。

資産家ウォーレン・バフェット氏が米鉄道大手バーリントン・ノ ーザン・サンタフェ買収で合意し、「米経済の将来にすべてを賭けた勝 負」と発言したことも景気への楽観論を強め、米ウォルマートなどに 商品を納めるリー・アンド・ファン(利豊、494)と携帯電話端末の受 託生産で世界最大手、富士康(2038 HK)にも買いが入った。

ハンセン指数は前日比374.71ポイント(1.8%)高の21614.77。 3日までの2日間で2.4%下げていた。ハンセン中国企業株(H株) 指数は前日比2.6%高の12830.15。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE