中国株(終了):4営業日続伸、2カ月で最長-商品高で資源株に買い

中国株式相場は上昇。上海総合 指数は4営業日続伸と、2カ月で最長の上げを演じた。商品相場の上 昇を受け資源株が買われた。

産金大手の中金黄金(600489 CH)と山東黄金礦業(600547 CH)はともに1.8%以上の上昇となった。金相場が過去最高値を更 新したことが背景。銅生産の江西銅業(600362 CH)も1.5%高。

一方、時価総額で中国2位の不動産会社、保利房地産集団 (600048 CH)は2.5%安。中国の交通銀行が二番抵当ローンに関 する規制を強化するよう支店に通達したとの上海証券報の報道が売り を誘った。

ICBCクレディ・スイス・アセット・マネジメントで運用に携 わるチャン・リン氏(北京在勤)は、「中国経済の見通しは来年につ いても明るく、高成長と低インフレが見込まれる。しかし同時に、政 府が融資を制限し、流動性が収縮することへの備えも必要だ」と述べ た。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動す る上海総合指数は、前日比14.31ポイント(0.5%)高の3128.54。 上海・深セン両証取のA株に連動するCSI300指数は、同0.5%高 の3453.89。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE