国際帝石:インドネシアのマセラ鉱区権益10%を現地企業に譲渡

国内石油開発最大手の国際石油開発 帝石は4日、インドネシアのマセラ鉱区権益の10%を現地企業に譲渡す る契約に調印したと発表した。

権益を譲渡するのは現地有力エネルギー会社PTエネルギ・メガ・ ペルサダの子会社。マセラ鉱区はインドネシア東部アラフラ海にあり、 面積は3221平方キロメートル、水深300-1000メートル。2000年にガス 田を発見後、液化天然ガス(LNG)開発に十分な天然ガス埋蔵量があ

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE