今日の国内市況:株は小反発・債券下落、円小動き-FOMC声明注目

東京株式相場は小幅反発。米国で 発表された供給管理協会(ISM)の製造業景況指数が予想以上に改善 して、米景気回復に対する懐疑的な見方が弱まり、トヨタ自動車など自 動車株が買われた。原油や金など国際商品市況の上昇を好感し、非鉄金 属や大手商社など資源関連株も高い。

一方、欧州を中心とした金融不安再燃への警戒感がくすぶり、銀行 や証券株が売りに押され、相場全般の上値を抑えた。東京エレクトロン やアドバンテストなど半導体関連銘柄の一角も下落。3日の米国株市場 で、業界サイクルの先行きを慎重に見た一部アナリストの投資判断引き 下げを受け、半導体株が軒並み下落した流れを受けた。

日経平均株価の終値は2日と比べ41円36銭(0.4%)高の9844円 31銭、TOPIXは同0.73ポイント(0.1%)高の881.27。米連邦公 開市場委員会(FOMC)の結果発表を米国時間4日に控え、日経平均 の高値と安値の差が77円と、小動きに終始した。国内企業の決算内容 については、想定通りで意外感に乏しいとの見方が出ていた。

米ISMが2日発表した10月の製造業景況指数は55.7と、前月の

52.6から上昇。米自動車大手フォード・モーターが2日発表した7- 9月期決算も予想外の黒字となり、米景気不安が後退し、トヨタやホン ダ、日産自動車、マツダなど自動車株に買いが優勢となった。

ニューヨーク商業取引所での原油先物相場は直近2営業日で3.4% 上昇。インド準備銀行(中央銀行)が国際通貨基金(IMF)から金 200トンを購入したことを受け、金先物は史上最高値を更新した。収益 へのプラス期待から、新日鉱ホールディングスや新日本石油、住友金属 鉱山、三菱マテリアル、三菱商事、丸紅など資源株も堅調。

一方、スイスの銀行最大手、UBSが3日発表した7-9月(第3 四半期)決算は4四半期連続の赤字。英銀ロイヤル・バンク・オブ・ス コットランド・グループ(RBS)は2回目の政府救済を受け入れるこ とを明らかにした。欧州連合(EU)の行政執行機関である欧州委員会 は3日、金融機関の追加損失は総額で4000億ユーロ(約52兆7400億 円)に達する可能性があるとの試算を公表した。

欧州を中心とした金融システム不安の再燃が警戒され、日本の金融 株も売りに押される銘柄が多かった。三菱UFJフィナンシャル・グル ープ、新生銀行、住友信託銀行、大和証券グループ本社など銀行、証券 株の一部が安い。3日の米国株市場では、モルガン・スタンレーが半導 体需要回復のサイクルが最終局面に来たとの認識に基づき、米半導体株 の投資判断を「コーシャス(慎重)」に引き下げた。

債券下落-10年入札やFOMC警戒

債券相場は下落(利回りは上昇)。前日の米国債安や日経平均株価 の反発が圧迫要因となったほか、あす5日の10年債入札への警戒感も あった。米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を今晩に控え、慎重 姿勢も強い。

東京先物市場の中心限月12月物は、2日終値に比べ16銭安の138 円11銭で始まり、138円17銭まで値を戻した。その後は35銭安の137 円92銭まで下落。31銭安の137円96銭と138円を割り込んで引けた。 終値ベースで138円割れは10月30日以来。

現物債市場で新発10年物の304回債利回りは、2日終値と同じ

1.375%で始まった。その後は、現金担保付き債券貸借(レポ)取引市 場での需給ひっ迫を背景に、1bp低い1.365%と10月23日以来の低水 準をつけた。その後は上昇に転じて、2bp高い1.395%。新発5年債利 回りは2.5bp高い0.67%、新発20年債利回りは2bp高い2.115%、新 発30年債利回りは1bp高い2.23%で推移している。

財務省は5日、10年利付国債の価格競争入札を実施する。前回入 札された10年物の304回債利回りは1.395%付近で取引されており、表 面利率(クーポン)は0.1ポイント高い1.4%となる可能性が高い。発 行予定額は同額の2兆1000億円程度。

クーポンが1.4%に引き上げられれば、一定の需要が見込まれるた め、波乱はないとの指摘もあるが、今後の国債増発による需給悪化懸念 も根強く、不安がある。

円小動き、FOMC控え慎重

東京外国為替市場では円が小幅な値動き。米国時間に連邦公開市場 委員会(FOMC)の政策発表を控え、声明文の内容で金融緩和策から の出口戦略を探りたいとして慎重な姿勢が強まった。

円は午前の取引で主要16通貨に対して全面高となった場面もみら れたが、午後の取引にかけて円買いは後退。対ドルでは午前に一時1ド ル=90円5銭と、前日のニューヨーク時間午後遅くに付けた90円33 銭から円高に振れたが、午後は90円台前半で伸び悩んだ。

今回のFOMCで声明文の文言が変更される可能性があるとの観測 報道もあり、市場では結果を受けた金融資本市場全般の相場動向を見極 めたいとの意向が強い。

オーストラリア統計局がこの日発表した9月の小売売上高は前月比

0.2%減。市場予想の0.5%増に反し、2カ月ぶりのマイナスとなった。 午前は短期的に円買いが進み、円はオーストラリア・ドルに対し一時1 豪ドル=80円91銭と、前日のニューヨーク時間午後遅くに付けた81 円52銭から上昇。午後は81円台後半まで押し戻された。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE