独アディダス:7-9月は30%減益-値引きと東欧通貨安で

世界2位のスポーツ用品メーカ ー、ドイツのアディダスが4日発表した2009年7-9月(第3四半 期)決算は、前年同期比で30%減益となった。業界全体で値引きが 広がったほか、東欧通貨の下落が響いた。

発表資料によれば、純利益は2億1300万ユーロ(1株当たり

1.33ユーロ)と、前年同期の3億200万ユーロ(同1.44ユーロ) から減少。ブルームバーグがまとめたアナリスト12人の予想平均 (2億1100万ユーロ)は上回った。売上高は前年同期比6.3%減の 28億9000万ユーロだった。前年同期の売上高は、北京五輪の効果 で過去最高を記録していた。

同社は、09年通期は為替変動を除いたベースで「1けた台前半 から半ば」の減収との見通しをあらためて示した。通期の1株当たり 利益は1.15-1.30ユーロと予想している。1-6月(上期)は前 年同期比93%減の0.1ユーロに落ち込んでいた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE