米MBA住宅ローン申請指数、1カ月ぶり上昇-金利低下で借り換え増

全米抵当貸付銀行協会(MBA) が4日発表した10月30日終了週の住宅ローン申請指数(季節調整済 み)は、金利低下が借り換えの増加につながり、1カ月ぶりに上昇し た。

MBAによれば、住宅ローン申請指数は608.3と、前週の562.3 から8.2%上昇した。借り換え指数は2693.7と、前週の2352.5から

14.5%上昇。一方、購入指数は250.3と前週の254.9から1.8%低下。 4週連続で下がり、8カ月ぶりの低水準となった。

初めての住宅購入者に対する最大8000ドルの税控除措置が今月 末に期限を迎えるなか、住宅販売は冷え込み始めている。住宅販売の 減少を受け、議会は失業保険給付の延長や住宅購入者に対する税控除 措置を対象となる借り手の条件を広げることで、今週中の合意を目指 している。

野村セキュリティーズ・インターナショナルのエコノミスト、ザ ック・パンドル氏(ニューヨーク在勤)はMBA指数発表前に、「今 後の住宅市場が少し懸念されている」と指摘。「初回住宅購入者に対 する税控除措置はいずれ効果が薄れるということを念頭に置く必要 がある」と語った。

住宅ローン30年物固定金利は平均で4.97%と、前週の5.04%か ら低下した。同金利は3月末に1990年の統計開始以来の最低となる

4.61%を記録した。

15年物固定金利は4.33%と前週から下がった。一方、変動金利 型住宅ローンの1年物金利は6.83%と、前週の6.79%を上回った。

-- With assistance from Bob Willis in Washington. Editors: Carlos Torres, James Tyson

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: Courtney Schlisserman in Washington at +1-202-624-1943 or cschlisserma@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Christopher Wellisz at +1-202-624-1862 or cwellisz@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE