米アップルの「iPhone」、中国で販売開始-販売台数は予想以下

中国2位の携帯電話サービス会社、 チャイナ・ユニコム(中国聯通)は10月30日から米アップルの携帯 電話端末「iPhone(アイフォーン)」の販売を開始したが、売り 上げ台数はアナリスト予想を下回り、中国市場で顧客を引き付けるに は価格が高過ぎるとの懸念が浮上している。

販売開始から4日間の売り上げ台数は5000台。価格は最高6999 元(約9万2500円)と、米国での販売価格299ドル(約2万7000円) を大幅に上回る。また、アイフォーンは無線通信技術Wi-Fi(ワ イファイ)に対応しているが、ユニコムが販売するアイフォーンは同 ネットワークに接続できない。

サムスン証券のアナリスト、ポール・ウー氏(香港在勤)は、他 の市場と比べると中国での販売台数は期待外れだと指摘する。6月に 北米と欧州で発売されたアイフォーンの新機種「3GS」は、販売開 始から3日間で売り上げ台数が100万台を突破した。アップルのティ ム・クック最高執行責任者(COO)は中国市場を、同社が拡大する ための「優先プロジェクト」と位置付けているが、欧米と比較すると 売り上げ台数は見劣りする。

ユニコムが販売するアイフォーンのうち最も高額な機種の価格は、 香港での販売価格を26%上回る。ただ、ユニコムの陸益民社長は、香 港の税金を考慮すればそれほどの差はないとし、中国での需要は「非 常に堅調」だと述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE