NY金(3日):史上最高値更新、インド中銀のIMF金購入を好感

ニューヨーク金先物相場は続伸 し、史上最高値を更新した。インド準備銀行(中央銀行)が国際通貨 基金(IMF)から金200トンを購入したことを好感。公的機関に よる金の購入がさらに増えるとの観測が高まった。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 相場12月限は通常取引終了後の時間外取引で、オンス当たり

1088.50ドルと過去最高値を付けた。通常取引でも前日比30.90ドル (2.9%)高の1オンス=1084.90ドルと最高値で終了した。上昇率 は3月19日以来の最大。

プロスペクター・アセット・マネジメントのレナード・カプラン 社長は「ほかの国や特にインド国内のほかの投資家による金投資を後 押しするだろう。インドはそもそも金の大口購入者だ」と述べた。

インド準備銀行はIMFに67億ドルを支払い、10月19日-30 日にかけて同金準備を購入した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE