英首相:RBSとロイズへの追加救済、最終的に納税者負担を軽減へ

ブラウン英首相は3日、英銀ロイ ヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)とロイ ズ・バンキング・グループが英政府から2回目の救済を受けることに ついて、最終的には納税者の負担を最大で3000億ポンド(約44兆 4000億円)軽減できるとして歓迎した。

英財務省は両行に合計で312億ポンドの公的資金を注入する。両 行はこれにより、政府の不良資産保証計画への依存を低減できる。財 務省はまた、RBSに対し、「異例の事態」が発生した際に利用でき るよう最大80億ポンドを確約した。財務省はこれらの資金を調達する ために、さらに130億ポンドの借り入れが必要となる可能性がある。

ブラウン首相はロンドンでの記者会見で、「英政府は一部の大手 銀行の資産を保証するという責務を低減することに成功している。こ れは納税者にとりプラスとなるだろう」とし、「最終的には銀行が英 国民に資金を返済することになる。その反対にはならない」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE