インド株(3日):センセックス指数、6日続落-ヒンダルコが安い

インド株式市場では、指標のセ ンセックス30種株価指数が6営業日連続で下落し、過去1年で最長 の下げとなった。ヒンダルコ・インダストリーズとリライアンス・コ ミュニケーションズが7-9月(第2四半期)に減益となったことが 嫌気され、両銘柄を中心に売りが膨らんだ。

インド最大のアルミ生産会社、ヒンダルコは11%の大幅安。同 社の第2四半期はアルミ価格の下落を背景に前年同期比52%減益と なった。国内2位の携帯電話サービス会社、リライアンスは5.7%下 げた。同社利益はアナリスト予想を下回った。

ボンベイ証券取引所のセンセックス指数は前営業日比491.34ポ イント(3.1%)安の15402.94で終了した。

ヒンダルコ(HNDL IN)は109.00ルピーと、2カ月ぶり安値。 リライアンス(RCOM IN)は165.80ルピーと、3月24日以来の最 低で引けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE