ボルカー元FRB議長:米経済は依然として「底に近い」-CNBC

元米連邦準備制度理事会(FR B)議長でオバマ政権の経済回復諮問会議の議長を務めるポール・ボル カー氏(82)は2日、米経済について、依然として「底に非常に近い 状況」だと述べ、雇用拡大に向けた政策が必要だとの認識を示した。

ボルカー氏は経済専門局CNBCのインタビューで、「一段の雇 用を生み出せる経済の状況に移行せねばならない」と指摘し、米国には 「輸出能力を改善させる必要があり、それはすなわち一段の製造だ」と 強調。さらにインフラ近代化プロジェクトのほか、エネルギー節減と雇 用創出の双方を目的とする建造物改修プログラムも提唱した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE