中国銀監会:不動産価格の上昇懸念、業者の借り入れ調査へ-関係者

中国銀行業監督管理委員会(銀監 会)は、不動産開発業者の借り入れが過剰な不動産価格上昇を招いてい ると懸念し、一部業者の債務水準に関する調査を計画している。事情に 詳しい関係者1人が明らかにした。

計画が未公表であることを理由に匿名で語った同関係者による と、銀監会は高い価格で土地を購入した不動産業者や不動産市場に参入 した国有企業の負債比率を抑えたい方針。一部業者は借り入れ過剰で、 不動産価格が急落した場合、債務焦げ付きが拡大する恐れがあるとい う。政府の刺激策で景気が回復した中国では、9月の住宅価格は過去1 年で最も速いペースで上昇した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE