米国トヨタ:床マット問題で対象モデル所有者への通知開始

米国トヨタ自動車販売は、一部車 種で床マットが所定の位置からずれてアクセルペダルが引っ掛かって しまう恐れがある問題に関連し、対象となる車種の所有者380万人に 運転席側の床マットを取り外すよう求める通知を開始した。

同社が2日発表したところによると、対象は「トヨタ」と「レク サス」の一部モデルの所有者。通知は郵送によって行われる。同社は 9月29日、アクセルの引っ掛かりが原因となった可能性がある急加速 についての苦情や、カリフォルニア州ハイウエーパトロール隊員ほか 3人が死亡した衝突事故に基づき、同社として米史上最大規模のリコ ール(回収・無償修理)の計画を発表していた。

米国トヨタ自動車販売のボブ・カーター副社長は11月2日、不具 合の原因が床マット以外にあったことを示す「証拠は一切見つかって いない」と説明した。米道路交通安全局(NHTSA)も10月30日、 床マット以外に問題があった証拠はなかったとして、セダンのレクサ ス「ES」の急加速に関する調査を進めない方針を示した。

リコールの対象は2007-10年型のセダン「カムリ」とレクサス「E S 350」、「タンドラ」ピックアップ、05-10年型の「アバロン」セダ ンと「タコマ」ピックアップ、04-09年型の「プリウス」ハイブリッ ド、06-10年型のレクサス「IS」。米国トヨタは、今後の対応措置 が決定するまで、床マットを取り外しておくよう対象車種の所有者に 要請している。

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta ニューヨーク 西前 明子 Akiko Nishimae +1-212-617-2601anishimae3@bloomberg.net 記事に関する記者への問い合わせ先: Alan Ohnsman in Los Angeles at +1-323-782-4236 or aohnsman@bloomberg.net; Vivek Shankar at +1-415-617-7169 or vshankar3@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Bret Okeson at +81-3-3201-8335 or bokeson@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE