NY外為(2日):ドルと円下落、米指標改善でリスク志向

ニューヨーク外国為替市場では ドルと円が対ユーロで下落。この日発表された経済指標で米住宅市場や 製造業景況感の改善が示され、高利回り通貨への需要が増大した。

スウェーデン・クローナは対ドルでほぼ2カ月ぶりの安値から上 昇。この日発表されたスウェーデンの製造業景況指数は、製造業活動 の拡大と縮小の境目を示す50を5カ月連続で上回った。英ポンドは 対ユーロで6営業日ぶりに反落。イングランド銀行(英中央銀行)が今 週国債購入プログラムの拡大を決めるとの観測が売りを誘った。

バンク・オブ・ニューヨーク・メロンの為替グループのマネジン グディレクター、サマルジット・シャンカー氏(ボストン在勤)は、 「リスク志向が戻っている」と指摘。「ユーロは対ドルで一段高にな るとみている。リスク志向は今後も後退と活発化を繰り返すだろうが、 世界景気の回復は緩やかながらも進行している」と述べた。

ニューヨーク時間午後4時現在、ドルは対ユーロで前週末比

0.3%安の1ユーロ=1.4765ドル(前週末は同1.4719ドル)。 ユーロは対円で前週末比0.6%高の1ユーロ=133円35銭(前週末 は同132円61銭)。ドルは対円で0.3%高の1ドル=90円31銭 (前週末は同90円9銭)。

ドルと円は対ユーロで下げ幅を縮小した。米連邦準備制度理事会 (FRB)の銀行監督・規制局のジョン・グリーンリー副局長が、銀 行システムは今も「強固な状態からは程遠い」との認識を示した後、 米株式相場がもみ合いになったことが背景。

グリーンリー副局長はアトランタで開催された米下院監視・政 府改革委員会小委員会で証言した。

米株式相場は堅調

S&P500種株価指数は0.6%高。一時は1.5%上げる場面もあ った。

スウェーデン・クローナは対ドルで0.5%高。同国のスウェドバ ンクが発表した10月のPMI製造業景況指数は56.7と市場予想を 上回った。同指数では50が製造業活動の拡大と縮小の境目を示す。 クローナは一時、9月8日以来の安値水準まで下げる場面もあった。

ダンスケ銀行のチーフアナリスト、ジェンス・ピーター・ソエレ ンセン氏はリポートで、「50の水準をこれほど上回る数値がまた示さ れたことは、世界景気の回復を背景に輸出主導のスウェーデン経済が 改善していることを示唆している」と述べた。

ポンドが安い

英ポンドは対ドルで続落し、前週末比0.3%安。対ユーロでも

0.7%値下がりし、1ユーロ=90.08ペンス。同90ペンス台に下げる のは前月28日以来となる。

ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想によると、イングラ ンド銀行は5日の政策決定会合で資産購入プログラムの規模を500 億ポンド(約7兆4000億円)拡大し、2250億ポンドとする見通し だ。

DZバンクの為替ストラテジスト、ゾンヤ・マルテン氏(フラン クフルト在勤)は、同中銀による資産買い取り拡大は可能性が低いと指 摘する。

同氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「金融 システムに資金を注入し続けているが、何の効果も得られていない。 最終的に現時点では同プログラムを拡大したとしても英経済にとって 実際に利益をもたらすのか疑問だ」と述べた。

オーストラリア・ドルは対ドルで0.4%高。同国のスワン財務相は キャンベラで記者団に対し、今年度の豪成長率がプラス1.5%成長に なるとの見通しを示し、5月時点の予想(マイナス0.5%成長)から 上方修正した。

原題:Dollar, Yen Fall as Housing, Factory Gains

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE