ブランソン氏:英銀の資産買収に関心、銀行を来年設立計画

英資産家のリチャード・ブラン ソン氏は2日、「ヴァージン銀行」を来年に設立する計画を示し、今 後に売り出される公算の英国の銀行資産に「興味がある」と発言した。

同氏はミラノで記者団に対し「大手銀は個人顧客を失望させた」 と指摘。まず英国で、銀行事業を試みる計画を示した。その後に海外 展開を考えると語った。

ダーリング英財務相は1日の英BBC放送とのインタビューで、 ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)とロ イズ・バンキング・グループ、ノーザン・ロックの分割が、2013年 までに新銀行3行の誕生につながるだろうと述べた。欧州連合(E U)は、公的資金を受け入れた銀行が不公正な優位を得ることを防ぐ ため、これらの銀行に資産と支店網の売却を迫っている。

ヴァージン・アトランティック航空とヴァージン・トレインズを 保有するブランソン氏は、設立する新銀行の詳細を来年1月または2 月に公表する計画だと述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE