香港株(終了):下落、不動産株と銀行株が安い-住宅販売減を嫌気

香港株式相場は下落。香港の住宅 販売が減少したことを嫌気し不動産株と銀行株が下げを主導した。英 銀HSBCホールディングス(5 HK)は米事業の貸倒引当金高水準の 報道を受けて売られた。

不動産のサイノ・ランド(信和置業、83 HK)は2.4%安。センタ ライン・プロパティー・エージェンシーによると、週末の香港の住宅 販売件数は前週比30%減少した。サンフンカイ・プロパティーズ(16 HK)とニューワールド・デベロップメント(新世界発展、17 HK)はそ れぞれ1.6%と1.9%の下落。

HSBCは1%安。香港紙、蘋果日報は米国での貸倒引当金の水 準が短期的に高止まりするとのHSBC幹部の発言を報じた。9月の 米個人消費支出が前月比で減少したことを受けて米ウォルマートなど に商品を納める商社のリー・アンド・ファン(利豊、494)も3.7%下 落。

ハンセン指数は前週末比132.68ポイント(0.6%)安の21620.19。 ハンセン中国企業株(H株)指数は同0.2%下げ12741.88。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE