スズキ:今期利益予想を増額、経費減など-下期見通し不透明

自動車生産で国内4位のスズキは 2日、今期(2010年3月期)連結の利益予想を上方修正すると発表し た。為替が想定よりも円安で推移したことや経費削減などを反映した。

今期予想の純利益は従来50億円だったのを150億円とした。前期 比では45%減益。売上高は据え置いたが、営業利益、経常利益とも増 額修正した。

都内で開いた決算会見で鈴木修会長兼社長は、インド市場での上 期の販売好調がけん引しているとしながらも、下期の見通しについては 各国の政府支援策が終了した後、販売を「うまくつないでいけるかは疑 問」と述べ、「下期の見通しは不透明」との見方を示した。

スズキが8月3日に発表した業績予想では、下期の営業利益が 100億円だったが、今回発表した通期の営業利益予想から上期実績を差 し引くと約82億円になり、前回予想を下回る。インドの10年3月期 の年間生産・販売台数については、前期比23%増となる「95万台を達 成できるだろう」とした。

また、次世代自動車の技術について鈴木会長は「率直に申し上げ て他社に比べて遅れていることは事実」とした上で、今後はハイブリッ ド車よりも、「原点、基本に戻ったことをしなければと思う」と述べ、 ガソリンエンジンの燃費向上に注力していく方針を明らかにした。

一方、フォルクスワーゲン(VW)がスズキへの出資について年 内にも基本合意の予定とドイツの自動車専門紙が報じていることについ ては、「火のないところに煙をつくっている」と報道を否定した。

また、スズキが発表した09年4-9月期は売上高が前年同期比 31%減の1兆1816億円、営業利益が同48%減の318億円、純利益は 同63%減の125億円たった。

-- Editor:Hideki Asai、Hitoshi Sugimoto

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 萩原ゆき Yuki Hagiwara +81-3-3201-8864  yhagiwara1@bloomberg.net

上野きより Kiyori Ueno +81-3-3201-3844 kueno2@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先:

大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

Bret Okeson +81-3-3201-8335 bokeson@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE