三洋電:仏プジョーにハイブリッド車用電池供給、11年量産

充電池世界最大手三洋電機は2日、 仏自動車大手のプジョー・シトロエン(PSA)にハイブリッド車向け ニッケル水素電池を供給すると発表した。2011年3月末までに出荷、 PSAは同年の量産を予定している。

三洋電が供給するのは世界初のディーゼル型ハイブリッド車向け で、PSAが11年に発売する2機種に搭載される。基本部品のセルを 洲本工場(兵庫県洲本市)で生産し、加西事業所(同県加西市)で制御 回路を含めたシステムに組み立てて出荷する。生産量に関して、広報担 当の牧野久美子氏はコメントを控えた。

三洋電は自動車用電池について、販売先を限定しない全方位戦略を とっている。同社が電池の供給先と発表しているメーカーはホンダ、米 フォード・モーターなどに続き国内外で4社目。このほか朝日新聞は先 月、トヨタ自動車にも供給する方針と報じている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE