豪州:今年度成長率見通し上方修正、プラス1.5%成長に-スワン財務

オーストラリア政府は2日、今年 度(2009年7月-10年6月)の経済成長率見通しを引き上げた。財政 赤字については先の予想に沿った水準とみている。

スワン財務相はキャンベラで記者団に対し、今年度の豪成長率が プラス1.5%成長になるとの見通しを示し、5月時点の予想(マイナ ス0.5%成長)から上方修正した。財政赤字は577億豪ドル(約4兆 6800億円)と予想。5月時点では576億豪ドルと見込んでいた。

豪州では記録的な大幅利下げと200億豪ドルを超える消費者向け 給付金が個人消費を押し上げ、半年前の政府予想より同国の成長率は 速いペースで加速し、雇用が拡大しつつある。家計部門の信頼感改善 と中国の天然資源需要などを背景に、オーストラリア準備銀行(RB A、中央銀行)のスティーブンス総裁は先月、政策金利を約50年ぶり 低水準から引き上げた。

スワン財務相は「景気見通し改善は豪州の金融・財政刺激策の効 果に加え、世界的な景気回復が一段と力強くなったことを反映してい る」と指摘した。

豪政府はこの日、来年度について、成長率2.75%、財政赤字466 億豪ドルと予想。同相によれば、今年度のインフレ率は2.25%と、中 銀の年間目標レンジ(2-3%)内とみており、来年度も同様の水準 を見込んでいる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE