中国株(午前):上海総合指数、上昇-SAICモーターなど高い

2日午前の中国株式市場で、上 海総合指数は上昇。一時は下落していたが、その後上げに転じた。 10月のHSBC中国製造業購買担当者指数(PMI)が1年半ぶり 高水準となったほか、上海汽車集団(SAICモーター)や蘇寧電 器などの2009年7-9月(第3四半期)決算が増益となったこと が手掛かりとなった。

中国最大の自動車メーカー、SAICモーター(600104 CH) は3.4%高。時価総額で家電小売り最大手の蘇寧電器(002024 CH) は2.9%の値上がり。医薬品メーカーの華蘭生物工程(002007 CH) は8%上昇。豚インフルエンザ(新型インフルエンザ)の感染拡大 で医薬品需要が高まるとの観測が広がった。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動 している上海総合指数は現地時間午前11時半(日本時間午後零時 半)現在、前週末比14.70ポイント(0.5%)高の3010.55。一時 は最大2.2%安まで下げていた。上海、深セン両証取のA株に連動 しているCSI300指数は同0.9%高の3309.52。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE