三井化:中国石油化工と合弁、高機能素材生産-600億円投資

三井化学は2日、アジア最大の製油会社、中 国石油化工(シノペック)と高機能素材のフェノール、EPTの合弁事業で基本 合意したと発表した。上海市に総額600億円を投資してそれぞれ工場を建設し、 現地に供給する。

三井化が同日開示した資料によると、フェノールは2013年に営業運転を開始、 EPTは同年に工場を完工する。フェノールは自動車や家電製品向け樹脂の原料。 EPTは合成ゴム原料で、主に自動車用部品に使われる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE