TOTO株が急落、トイレや浴槽の販売低迷-通期最終赤字予想に一転

TOTO株が急落。同社は10月30 日、新設住宅着工件数の低迷でトイレや浴槽の販売が落ち込んでいるこ とを理由に、2010年3月期業績予想を下方修正した。連結純損益は従 来の黒字から一転赤字となり、業績悪化を懸念した売りが出ている。

同社株は一時、前週末比5.1%安の520円まで下げ、10月2日 (5.2%)以来の下落率を記録した。

新しい連結純損益予想は10億円の赤字。従来は20億円の黒字だっ た。ブルームバーグ・データによると、同社をカバーするアナリスト9 人の同予想平均値は12億円の黒字と、会社計画をやや下回るものの黒 字転換が見込まれていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE