東穀取:株式会社に移行-経営効率化・財務体質の強化を図る

東京穀物商品取引所は2日、 これまでの会員組織から組織変更して株式会社に同日付で移行し たと発表した。初代社長に同取理事長の渡辺好明氏が選任された。 株式会社化することで経営の効率化や財務体質の強化などを図る。

新社長就任に当たり、渡辺氏は「取引参加者の利便性向上を 図り、新たな市場流動性の供給者の取り組みなどに果敢に挑戦す る」との声明を発表した。

国内商品取引所の株式会社化は、2008年12月の東京工業品 取引所に続いて2番目となる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE