DBJ:佐川急便に初の環境融資140億円組成-三菱東京UFJ銀と

日本政策投資銀行(DBJ)は、佐 川急便の持ち株会社であるSGホールディングスに対して、三菱東京 UFJ銀行と共同で総額140億円のシンジケートローン(協調融資)を 組成した。環境に配慮した経営で優れている企業に対して実施する「無 利子融資制度」を活用した環境融資の初の適用となる。

DBJが2日発表した資料によると、今回のシンジケートローンは 、同社がCO2排出削減に資する配送センターなどの設備資金に充てら れる。総額のうち70億円が無利子融資制度の適用を受けて、実質3年 間無利子となっている。

今回の融資は、「DBJ環境格付」融資と呼ばれ、同行が開発した 格付システムにより、企業の環境に対する経営度を評価し、優れた企業 を選定して、得点に応じて融資条件を設定する「環境格付」の手法を取 り入れた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE