米財務長官:景気回復には銀行のリスクテーク拡大が必要

ガイトナー米財務長官は1日、米 国の景気回復と雇用創出は銀行がリスクテークを増やし、企業への信 用供与の流れが回復することにかかっているとの見方を示した。

ガイトナー長官はNBC放送の番組「ミート・ザ・プレス」で、 「われわれが現在直面する大きなリスクは、銀行が過剰な修正を行い、 十分なリスクテークをしないことだ」と述べた上で、「銀行が再びリス クを取ることが米経済にとって必要であり、回復に向け重要な鍵を握 る」と語った。

同長官によれば、銀行システムは過去1年余りの状況と比較して 「劇的に安定」してきた。米経済がリセッション(景気後退)から抜 け出しつつあり、失業率が10%に接近する中で、国内の銀行は融資に 消極的になっている。

同長官は米経済の回復について「やや不安定」との見通しを示し ながらも、景気対策第1弾の実施は全体のまだ半分程度であると述べ、 新たな刺激策を検討するのは「時期尚早」だと説明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE