コンテンツにスキップする

米国株(30日):反落、経済統計を嫌気-S&P500月間低下

米株式相場は反落。個人消費支 出の減少や消費者マインド指数の低下に加え、商業金融会社CITグ ループの破たん懸念から景気回復の持続性に対する懸念が強まった。 S&P500種株価指数は月間ベースで8カ月ぶりに下落した。

CITグループは24%急落。著名投資家のカール・アイカーン 氏が事前調整型の破産申請計画を支持することで合意したことが売 りを誘った。シティグループは5.1%安。銀行アナリスト、マイク・ マヨ氏が10-12月(第4四半期)に100億ドルの評価損を計上する と予想したとの報道が嫌気された。

個人消費支出とロイター・ミシガン大学消費者マインド指数が前 月から悪化したことを受け、アメリカン・エキスプレス(アメックス) やウォルト・ディズニーが安い。

ウェルズ・キャピタル・マネジメントのチーフ投資ストラテジス ト、ジェームズ・ポールセン氏は「消費者マインド指数は失望を誘っ た。銀行の評価損計上は続いている。調整は避けられないとの見方が 強まっている」と指摘した。

S&P500種株価指数は前日比2.8%安の1036.19で終了。7 月2日以来の大幅安となった。ダウ工業株30種平均は249.85ドル (2.5%)安の9712.73ドルで終えた。全30銘柄が下げた。

ニューヨーク証券取引所(NYSE)で通常取引開始直後に、注 文が殺到し、テクニカル問題が発生。一時、株価表示に支障を来たし た。米国の全市場での出来高は約121億株と、3カ月平均を27%上 回った。

ウォール街の「恐怖指数」として知られる米国株オプションのボ ラティリティ指数(VIX)は24%上昇して30.69。株価下落に備え たオプション需要が強まり、過去1年で最大の上昇。7月8日以来の 高水準となった。

月間ベース

S&P500種は月間で2%下落し、2月以来で初めての下げとな った。ダウ平均は月間ベースではほぼ変わらず。

資産家ジョージ・ソロス氏は30日、ブダペストにある中央ヨー ロッパ大学に招かれて講義し、世界経済の回復は「いずれ勢いを失う」 だろうとし、2010年または11年に「二番底」に陥る可能性を指摘し た。

米資産家ウィルバー・ロス氏は30日、米国では「商業用不動産 市場の大規模な崩壊」が始まっていると指摘。消費者マインド指数も 売り材料。同指数は失業が家計支出を引き続き抑制する可能性を示唆 した。マインド指数(確定値)は70.6と前月の73.5から低下。前月 は昨年1月(78.4)以来の高水準まで回復していた。ブルームバーグ・ ニュースがまとめたエコノミスト予想中央値は70.0だった。

資源株、金融株

S&P500種のエネルギー株、素材株両指数は急落。原油相場が 1カ月ぶりの大幅安になったことが背景にある。主要6通貨に対する インターコンチネンタル取引所(ICE)のドル指数は0.7%上昇し た。

S&P500種の金融株指数は4.8%安と、全10セクターで最も下 げがきつい。経済専門局CNBCが伝えたマヨ氏の見解を嫌気し、シ ティは5.1%安。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE