コンテンツにスキップする

ECBのノワイエ氏:ドルとポンドの下落はユーロ圏にとって「問題」

欧州中央銀行(ECB)政策 委員会メンバー、ノワイエ・フランス銀行(中央銀行)総裁は、対ユ ーロでのドルとポンドの下落がユーロ圏の景気回復に悪影響を与える 可能性があるとの見解を示した。

同総裁は27日の下院金融委員会での証言で「為替相場に関する 問題は、ドルとポンドの下落が原因だ」と述べた。下院のウェブサイ トに証言の筆記録が掲載された。

ノワイエ総裁は、オーストラリアとカナダ、日本、韓国、スイス、 ポーランド、ブラジルの通貨もユーロに対して上昇したと指摘した上 で、ドルとポンド以外の「ほかの通貨については過去18カ月に異常 な動きはない」との認識を示した。貿易加重平均のユーロ相場は「長 期的な平均をわずかに上回っているにすぎない」と指摘した。

-- Editor: Andrew Davis, Kevin Costelloe

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 千葉 茂 Shigeru Chiba +1-212-617-3007 schiba4@bloomberg.net Editor: Akiyo Kinoshita 記事に関する記者への問い合わせ先: Francois de Beaupuy in Brussels at +33-607-24-81-55 or fdebeaupuy@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: James Hertling at +33-1-5365-5075 or jhertling@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE